お酒買取業者時代にお客様からよくされた質問まとめ

質問①「お酒の買取時に必要なものは何ですか?」

お酒を買取に出される前に問い合わせをいただくことが多かったのですが、その時に「買取時に必要なものはありますか?」と、よく尋ねられました。

必ず用意していただきたいのが、身分証明書です。

お酒の買取なのでお酒を忘れる方はいないでしょう。
ただ、身分証明書に関してはしばしば忘れる方がおり、そのような場合には買取ができませんので、事前に確認した上で来店していただきたいですね。

宅配買取の場合にはコピーで構いません。

・運転免許証
・健康保険証
・住基カード
・マイナンバーカード
・パスポート

このあたりをお持ちであれば問題なく査定や買取を行うことができます。

お酒買取で知っておきたい法律

古物営業法という法律があります。

これは、中古品などを買い取る際に業者に適用される法律で、この中の第15条に、古物を売る人に身分証明書を提示してもらわなければならないという趣旨の条文があるのです。

盗品などが持ち込まれた時の対処のための法律ですね。

あとは、お酒の付属品があるのであれば、一緒に持ち込むなり送るようにしてください。

質問②「お酒であればどんな種類でも買い取ってもらえるの?」

買い取ってもらえるお酒の種類に関する問い合わせは、とりわけ多かった記憶があります。
これは買取業者さんによって異なりますね。

ただ、ほとんどの業者さんが以下のものであれば買取を行ってくれているはずです。

・ワイン(シャンパンを含む)
・ブランデー
・ウイスキー

ワイン専門の買取業者さんもあり、そうしたところではブランデーやウイスキーの買取すらしていないので要注意です。

また、焼酎と日本酒を買い取っている業者さんもありますが、日本酒に関しては買取不可のお店も少なくないので、ここも事前に確認しておきましょう。
(もちろん「ファイブニーズ」のように日本酒を買取対象にしているお酒買い取り業者さんもあります!)

ワインやブランデー、ウイスキーであっても買取を拒否されてしまうケースがあります。
例えば、以下のような特徴を持ったお酒ですね。

・栓が開けられている
・液面低下(元の量よりも減っている状態)が著しい
・ボトルに割れやヒビが入っている
・ラベルに極度の汚れや剥がれがある

状態が極端に悪いお酒は、買い取ってもらえない可能性が高いと思っておきましょう。

中にはビールやリキュール、チューハイなどを買い取っている業者さんもありますが、非常に稀です。
これらはあまり価値が高くないことと賞味期限が設定されているものが多いためです。

質問③「未成年でもお酒の買取サービスを利用する事はできる?」

お酒の買取にもかかわらず、未成年の方からの問い合わせをいただくこともありました。
違和感はありますが、よほどのことがない限りは買取を拒否することはありません。

これも業者さんによって対応は異なりますが、多くのお酒買取サービス提供店では、未成年の方でも買い取ってもらえるはずです。

ただ、保護者様の同意書が不可欠です。
その同意書を確認した上で保護者様へ連絡を入れさせていただき、問題がないと判断されれば買い取る形となります。

少なくとも僕が働いていたお店ではそうでしたが、これは多くのお店で同様の対応をしているでしょう。

質問④「かなり古いんですが古酒でも買い取ってもらえる?」

古いお酒に対しては、多くの方が2つの分かれた意見を持っているはずです。

「かなり古いお酒であれば高く買い取ってもらえるだろう」
「かなり古いお酒だと買い取ってもらえないのではないか」

この2つの意見ですが、どちらも間違いではありません。
お酒の種類によって異なるという表現が適切でしょう。

古くても買取対象となる可能性が高いのが、蒸留酒です。
ブランデーやウイスキーなどですね。

これらはアルコール度数が高く劣化しにくいため、古いというだけで買取が拒否されてしまうことは通常ありません。

一方で、ワインなどの醸造酒は注意が必要です。
これは時間の経過とともに劣化する可能性が高く、劣化を抑えるためには保管環境を十分に整える必要があるため、あまりにも古いと買取を拒否されてしまうケースが出てきます。

ただ、ワインの場合にはプレミアが付くものもありますし、熟成タイプのものもあるため、こちらも古いというだけで判断することはできません。

一度買取業者さんなどの専門家に見てもらうことをお勧めします。

質問⑤「お酒のラベル部分に子供がらくがきしてしまった場合は買取してもらえない?」

お酒に貼られているラベルは、そのお酒がどのようなものであるのかを証明する非常に重要な要素となります。
そのため、ラベルに汚れや剥がれがある場合には、買取を拒否されてしまう覚悟も持っておくべきでしょう。

ただ、お酒の買取を専門としているお店には、その道のプロフェッショナルがいます。
例えば、高級ワインやブランデーなどであれば、ラベルが完全に剥がれていたとしても、瓶の形状やキャップシールのタイプなどの情報から、銘柄や年代を確認することが可能です。

もしそうした確認が取れれば、ラベルが剥がれていたり汚れていたとしても買い取ることができます。

ですので、お子様のらくがきなどがあった場合でも、必ずしも買い取ることができないわけではありません。

もちろん、ラベルが綺麗な状態と比べれば査定額は落ちてしまいます。

その点は仕方がないことですが、もし高級なお酒であり、しかしラベルにらくがきがあるという理由で買取できないと言われてしまった場合には、他の業者さんに問い合わせてみてください。

1店舗のみに断られたからといって諦めてしまうと、せっかく高値で売れるチャンスを逃してしまうかもしれません。

管理人の今井

とにかく、1つの業者にお酒の買取を拒否をされたとしても、別のお酒買い取り業者に聞いてみる事です!
業者によってお酒を買い取る基準はさまざまなので「売れたら儲けもん」くらいの気持ちで複数の業者に当たってみましょう!